【2022年9月】エックスサーバーとさくらのレンタルサーバー徹底比較

レンタルサーバーのシェア1位を争う2社

国内のレンタルサーバーのシェア1位と2位を争うと言われているエックスサーバーとさくらのレンタルサーバーを比較します。

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバー徹底比較
レンタルサーバー比較

レンタルサーバー全プランの初期費用を無料化

2022年2月にさくらインターネットはさくらのレンタルサーバー全プランの初期費用を無料にしました。2022年8月4日にエックスサーバーはすべてのプランにおいて、初期費用を廃止しました。これにより、さらにレンタルサーバーの競争が激化すると予想されます。

エックスサーバー

スタンダードプラン容量300GB

さくらのレンタルサーバーが2022年2月16日より初期費用を無料化、ストレージ容量も増強しました。スタンダードプランは300GBとなりました。7月5日に、以前に契約したサーバーを対象に、利用可能なストレージ容量を現在提供中のサーバーと同等に増量しました。なお、エックスサーバーのスタンダードプランも300GBです。

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバー徹底比較
レンタルサーバースタンダードプラン

スタンダードプランの料金比較

さくらのレンタルサーバーは月払い524円、12ヶ月一括で5,238円です。エックスサーバーは12ヶ月一括で13,200円ですが、2022年9月15日までのキャンペーンを利用すれば、10,560円となります。

さくらのレンタルサーバ スタンダード

エックスサーバーは独自ドメイン永久無料特典あり

エックスサーバーは、スタンダードプランでも12ヶ月以上の契約により、独自ドメイン永久無料特典を受けられる場合があります。一方、さくらのレンタルサーバーは.comで2,614円、.netで2,484円です。

Xserverドメイン

エックスサーバーは世界最速クラス

世界最速クラスと評される人気の高速環境「KUSANAGI」の技術を導入していて、世界最速クラスのWordPress実行環境と評価されています。

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバー徹底比較
エックスサーバーは世界最速クラス

クイックインストール

両社ともWordPress や EC-CUBE など簡単にインストールできます。

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバー徹底比較
ワードプレスを簡単インストール

無料お試し期間あり

さくらのレンタルサーバーの無料お試し期間は2週間、エックスサーバーは10日間です。